/

元クレディ・スイス市川氏 ピクテに移籍 シニア・フェローに就任

クレディ・スイス証券でチーフ・マーケット・ストラテジストを務めていた市川真一氏が同社を退社し、8日付でピクテ投信投資顧問に移籍したことが分かった。ピクテではシニア・フェローに就任し、社内や顧客に向けて国際政治・経済に関する分析を発信する。

8月16日には個人事務所のストラテジック・アソシエイツ・ジャパンを立ち上げた。主に国内企業への国際情勢など投資情報の提供を担う。

市川氏は1987年に和光証券(現みずほ証券)に入社。2000年にクレディ・スイス・ファースト・ボストン証券(現クレディ・スイス証券)に移った。その後、小泉内閣の構造改革特区評価委員などを歴任した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン