/

この記事は会員限定です

強い設備投資に死角 中小のみなし課税、駆け込み促す

[有料会員限定]

省力化などで強い設備投資には死角もある。9日に発表予定の7~9月期の国内総生産(GDP)改定値は、設備投資の増加を映して速報値から上方修正が見込まれる。ただし、ある程度割り引く必要があるのが中小企業の設備投資だ。「みなし課税」が認められる中小企業では消費増税前に駆け込みが発生した可能性があり、その場合は10~12月期に反動が出かねない。

7~9月期のGDP改定値の実質成長率は、6日11時半時点のQ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン