/

トヨタ、人工知能で米に新会社 5年で1200億円

スタンフォード大と連携

トヨタ自動車は6日、人工知能技術の研究・開発を手掛ける新会社を2016年1月に米国カリフォルニア州に設立すると発表した。設立する「トヨタ リサーチ インスティテュート」はマサチューセッツ工科大学とスタンフォード大学と連携して研究を進める。トヨタは新会社に5年間で10億ドル(約1200億円)を投資する。新会社の最高経営責任者(CEO)には米国防総省が主催する災害対応ロボット競技の運営に携わった著名ロボット研究者のギル・プラット氏を起用し、社員数は200人程度を見込む。

人工知能技術は自動運転技術やロボットのほか生産管理システムなど幅広い分野で応用ができる。トヨタは人工知能開発を通じて新分野での事業機会を探る。

同日13時から都内のホテルでトヨタの豊田章男社長とギル・プラット氏が記者会見を開く。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン