/

この記事は会員限定です

不動産株やREITにマネー流入 金利低下が追い風

[有料会員限定]

投資マネーが不動産株や不動産投資信託(REIT)に流入している。米国を発端とした貿易戦争を嫌気した投資家が製造業から資金シフトを進めている。世界的な金利低下も追い風だ。

6日の東京株式市場では平和不動産(8803)が一時、前日比60円高の2270円まで買われ、2018年5月25日以来およそ1年ぶりの高値をつけた。三井不動産(8801)や住友不動産(8830)も上げている。

10連休前の4月26日と比べると、6月5日までに東証株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り586文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン