/

楽天証券、9月の1日平均売買代金4%増 様子見姿勢強く

楽天(4755)傘下の楽天証券が6日発表した9月のインターネット経由の株式売買代金は、1日平均で前月比4%増の1387億円だった。盆休みで取引が細った前月からは増えたものの、日本株に値ごろ感が乏しく、中長期の投資家を中心に総じて様子見姿勢が強かった。

営業日数が2日減り、月間の累計売買代金は6%減の2兆7752億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン