/

この記事は会員限定です

株、「ファーウェイ・ショック」で吹き飛ぶ平穏ムード 「12月に年初来安値」の声も

[有料会員限定]

6日午前の東京株式市場で日経平均株価は前日比404円(1.8%)安の2万1514円と続落した。急落の引き金を引いたのは中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)副会長の逮捕だ。米中摩擦の悪化懸念が再び浮上し、中国関連株やハイテク株を中心に幅広い銘柄に売りが広がった。投資家は米国主導で強まる対中包囲網が世界的な景気減速につながる懸念をかぎ取り始めており、しばらく売りの手は止まらない可能性がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1097文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン