/

日経平均、下げ幅1000円超える 「追い証売りも」

6日の東京株式市場で日経平均株価は前日比の下げ幅が一時1000円を超えた。1039円安い2万1642円まで下落する場面があった。米株急落に加えて、オプション価格を基に算出し相場の予想変動率を示す日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)が急上昇したことも相場の重荷になっている。市場は「リスク回避の売りや個人の追加証拠金(追い証)発生を警戒した売りも出ている」(日本アジア証券の清水三津雄エクイティ・ストラテジスト)との声があった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン