最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,827.18 +31.74
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,800 +50

[PR]

為替概況

外為10時 円、やや上げ幅縮小 国内企業は円売り優勢

2019/12/6 10:14
保存
共有
印刷
その他

6日午前の東京外国為替市場で円相場はやや上げ幅を縮めている。10時時点では1ドル=108円77銭近辺と前日17時時点に比べ11銭の円高・ドル安水準で推移している。10時前の中値決済に向けては、「ややドル不足」(国内銀行)との声が聞かれた。国内輸入企業による円売り・ドル買いが上値を抑えている。

もっとも、「5・10日(ごとおび)」の決済を前日に終えたとあって輸入企業のドル買いも鈍いようだ。「108円70銭近辺では輸出・輸入どちらの企業からみても積極的に売買を出す水準ではない」(同)という。

円は対ユーロで引き続き安い。10時時点では1ユーロ=120円77~78銭と同14銭の円安・ユーロ高水準で推移している。

ユーロは対ドルでは高値圏で小動き。10時時点では1ユーロ=1.1103~04ドルと同0.0024ドルのユーロ高・ドル安水準で推移している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム