/

景気一致指数、2月3.2ポイント低下 低下幅、震災時以来の大きさ

内閣府が6日発表した2月の景気動向指数(2010年=100、速報値)によると、景気の現状を示す一致指数は110.3となり、前月比で3.2ポイント低下した。生産関連統計の下振れが響き、2カ月ぶりにマイナスとなった。単月の低下幅は、東日本大震災に見舞われた11年3月(6.6ポイント低下)以来の大きさだった。一致指数の基調判断は前月までと同じ「足踏みを示している」から変えなかった。

前月と比較可能な8指標のうち、小売業・卸売業の商業販売額を除く6指標が一致指数の下振れにつながった。国内外で半導体用の製造装置などの出荷が低迷し、投資財出荷指数(輸送機械除く)が落ち込んだ。愛知製鋼の工場の爆発事故に伴うトヨタ自動車の生産停止の影響で、鉱工業用の生産財出荷指数や鉱工業生産指数も悪化し、生産関連が軒並み振るわなかった。

数カ月先の景気を示す先行指数は2.0ポイント低下の99.8となった。低下は2カ月ぶりで、先行指数は12年12月(98.9)以来3年2カ月ぶりに100を割り込んだ。消費者態度指数が大きく下がったほか、東証株価指数や日経商品指数などの下落も響いた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン