/

この記事は会員限定です

ダウ平均、過去最大の下落招いた「マネー逆回転」 変動率上昇が売り呼ぶ

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=松本清一郎】5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、前週末比1175ドル21セント安の2万4345ドル75セントと過去最大の下落となった。市場参加者は「米景気や企業業績などファンダメンタルズ(経済の基礎条件)には変化はない」と強調する。だが、相場の変動率の高まり自体が新たな売りを招く脆弱性があらわになった。相場が落ち着きを取り戻しても、その先には長期金利上昇という逆風が立ちは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン