/

官房長官、消費増税「リーマン以来の事態は起きていない」

菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、自民党の山本幸三衆院議員が党内有志の勉強会で「消費の数字から見ればリーマン・ショック以来の事態が起こっている」と述べて2017年4月の消費増税の延期を促したことについて、「リーマン・ショック以来の事態が起きているとは思っていない」との認識を示した。

安倍晋三首相は消費増税について「リーマン・ショックや大震災のような重大な事態が発生しない限り、予定通り引き上げていく」としてきた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン