/

この記事は会員限定です

115円に迫る円安 米中間選は「円売りの口実」

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=神能淳志】外国為替市場で円安・ドル高が加速している。5日早朝のニューヨーク市場では、円が対ドルで1ドル=114円85銭程度と2007年11月2日以来およそ7年ぶりの円安・ドル高水準を付けた。きっかけとなったのは4日夜に大勢が判明した米中間選挙だが、予想通りの結果を「口実」に使いたがるほど、市場参加者の円の先安観は強まっているようだ。

4日投開票の米議会の中間選挙では、野党・共和...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン