/

財務官、為替「経済・金融にマイナスなら対応」  3者会合後会見

財務省と日銀、金融庁は5日、国際金融資本市場に関する情報交換会合を開いた。財務省の武内良樹財務官は会合後に記者団に対し「為替の過度な変動は、経済・金融にとって望ましくない」と述べ「G7、G20の合意に基づいて、総合的に判断して経済・金融にマイナスの影響を与えるときはきちんとした対応を取る必要がある」と話した。

今回、3者会合を開いた理由については「トランプ米大統領が中国に対する関税について言及して以来、やや神経質な動きがマーケットでみられた。その背景について情報交換した」とした。そのうえで「神経質な動きの背景について、米中間の貿易摩擦の進展、米国の金融政策の今後の展開などが要因だろう」と述べた。

一方で「世界の経済、日本経済については、安定的であることも確認した」と述べた。武内氏は「為替介入や為替水準については、コメントしない」としたうえで「今後のマーケットの動きを真剣に見ていきたい」と語った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン