9/25 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 住友不動産、「丸の内」に劣らぬビル賃貸の稼ぐ力[有料会員限定]
  2. 2位: 企業統治の根幹に疑義 議決権不適切集計[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ小反発52ドル高 ハイテク株上昇、景気懸念は重荷
  4. 4位: 米住宅市場はバブルか(NY特急便)[有料会員限定]
  5. 5位: 金融庁総合政策局長「顧客本位の業務運営、定着道半ば」[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,246.67 +158.85
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,120 +200

[PR]

米国・欧州株概況

<米国>ディズニーが急騰 動画配信の成長性に高評価相次ぐ

2020/8/6 0:15
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】(米東部時間11時10分、コード@DIS/U)5日の米株式市場で映画・娯楽のウォルト・ディズニーが急騰し、一時は前日比10.8%高の129.93ドルを付けた。4日夕に発表した2020年4~6月期決算は19年ぶりの最終赤字に転落したものの、1株損益は市場予想を上回った。昨秋に参入した動画配信サービスの伸びが好感され、証券アナリストからも高い評価が相次いだ。

グッゲンハイム証券は投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた。担当アナリストは「保有する多くのコンテンツを活用し、世界的に動画配信を強化する姿勢を明確にした」と評価。目標株価は140ドル(従来は123ドル)に引き上げた。クレディ・スイスも動画配信の成長を見込み、投資判断を「中立」から「買い」に、目標株価を116ドルから146ドルに上方修正した。

ディズニーは4日、大型作品「ムーラン」を9月から29.99ドルで動画配信すると発表した。3月に公開予定だったが、コロナで映画館が閉鎖され、公開を延期していた。動画配信で収益を稼ぐ方針を明確にしたことも好感されたようだ。

ディズニーは昨年秋に動画配信サービスに参入。6月末の有料契約者数は5750万人と3月末(3350万人)から大幅に増えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム