/

この記事は会員限定です

大統領選混迷でも「米国株は上昇」6割 緊急調査

NQN市場アンケート

(更新) [有料会員限定]

米大統領選は日本時間5日午後の時点で民主党候補のバイデン前副大統領が優勢と伝わるが、共和党の現職、トランプ大統領が複数の激戦州の集計方法について提訴するなど、結果を巡って混迷が深まっている。金融・資本市場の見通しについて日経QUICKニュース社(NQN)が市場関係者に緊急アンケート調査したところ、2020年末の米国株相場は回答者の6割が直近の水準から上昇を見込むなど、先行き不透明な状況でも先高期待...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1600文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン