9/27 3:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

業績ニュース

シャープの今期、純利益2.4倍の500億円 経済活動の正常化前提

2020/8/5 15:48
保存
共有
印刷
その他

シャープは5日、2020年4~6月期の連結決算の発表にあわせ、これまで未定としていた21年3月期(今期)業績予想を開示した。純利益は前期比2.4倍の500億円を見込む。新型コロナウイルスの感染拡大の影響があるものの、各国で経済活動が段階的に正常化していく前提で算出した。巣ごもり需要に対応した白物家電の販売に注力するほか、テレワーク対応のタブレットやパソコン向けのディスプレー需要も取り込む。

売上高は3%増の2兆3500億円、営業利益は55%増の820億円を見込む。同社のサプライチェーン(供給網)はおおむね正常化したとし、販売面での制約がなくなれば本業は回復するとの見通しを示した。通期の想定為替レートは1ドル=105円、1ユーロ=120円とした。コロナの影響は営業利益で280億円の下押し要因になるとした。

同時に発表した20年4~6月期の連結決算は、売上高が微増の5172億円、営業利益は前年同期比38%減の90億円、純利益が37%減の79億円だった。

併せて、液晶事業を10月1日付で分社化し、シャープディスプレイテクノロジー(三重県亀山市)を設立すると発表した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム