2017年12月17日(日)

米ディズニー、21世紀フォックスの事業買収を来週発表か 6.7兆円規模 米報道

国際・アジア
2017/12/6 0:54
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】映画・娯楽のウォルト・ディズニーはメディア大手の21世紀フォックスの事業買収を来週にも発表する見通しだ。米CNBCが事情に詳しい関係者の話として5日に報じた。ディズニーはインターネットを通じた動画配信事業に注力する方針を掲げている。映画など豊富なコンテンツを持つフォックスの事業を取り込み、事業基盤を強化する。

 買収総額は600億ドル(約6兆7500億円)を超える見込み。フォックスの映画やテレビスタジオ事業、海外資産などが買収の対象となる。同社は子会社の20世紀フォックスで映画事業を手掛け、英放送局スカイも傘下に持つ。ディズニーなどと共同で動画配信サービスの「Hulu」の株式も保有しており、ディズニーの保有分を合計すれば過半数の株式を押さえることになる。

 ディズニーは傘下のスポーツ専門チャンネル「ESPN」が視聴者離れで苦戦している。ネットフリックスやアマゾン・ドット・コムなどがネットを通じた動画配信サービスで台頭しており、ディズニーも同サービスへの参入を計画している。来年春にESPN、19年初めに「ディズニー」などの娯楽作品を個人にネット配信する予定。ネット配信事業の拡大にあたり、コンテンツの拡充が最大の課題となっている。

 ディズニーとフォックスは今秋に事業買収を協議したが、価格で折り合えずに物別れに終わっていた。前週末に協議を再開した。フォックスの買収を巡っては、米CATV大手のコムキャスト、ソニー、米ベライゾン・コミュニケーションズも買い手として取り沙汰されてきた。

 CNBCによると、フォックスはコムキャストとも事業売却の交渉を並行して進めているもよう。ただ、ディズニーとの交渉の方が進展しているという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報