/

GPIF、日本株は武田の保有株数が2.2倍 3月末

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が5日発表した2018年度運用実績で、国内株式は武田薬品工業(4502)の保有株数が18年3月末に比べ約2.2倍増えた。アイルランドの製薬大手シャイアーの買収に伴い、武田の発行済み株式数や時価総額が大幅に増えたことに伴うものとみられる。

全体では、トヨタ自動車(7203)やソフトバンクグループ(9984)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)など2380銘柄を保有していた。保有国内株式の時価総額の合計は38兆4122億円。積立金全体の資産構成で、国内株は23.55%だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン