/

この記事は会員限定です

人民元、鬼の居ぬ間のファンド売り観測 当局は防戦

[有料会員限定]

【NQN香港=森安圭一郎】ヘッジファンドなどの投機筋が来週、ロンドンやシンガポールといったオフショア(海外)市場で中国・人民元に売り攻勢を仕掛けるのではないかという観測が広がっている。中国本土市場は春節(旧正月)のため来週いっぱい休み。中国人民銀行(中央銀行)も休業状態で為替介入しにくい――との読み筋があるからだ。市場の思惑に対抗するかのように、人民銀は連休前に2日続けて元の対ドル基準値を大幅に引き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1252文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン