<東証>東芝が一進一退 「中国で原発設備受注」も影響限定

2015/1/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

(10時、コード6502)前年末の終値(512円40銭)を挟んで一進一退となっている。日本経済新聞が4日付の朝刊で「東芝が中国で原子力発電所の主要設備を大量受注することが有力になった」と報じたが株価の反応は限定的。報道によれば、現地の複数の原発関連運営会社と計6~8基分を納入する方向で最終交渉に入ったというが、市場では「1案件あたりの受注額はさほど大きくなく、業績見通しや株価を押し上げるほどの内容…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]