/

マクドナルド、2月の既存店売上高14.7%増 ごはんバーガー好調

日本マクドナルドホールディングス(ジャスダック、2702)が5日発表した2月の既存店売上高は、前年同月比14.7%増だった。月次の既存店売上高が前年を上回るのは51カ月連続で、伸び率は2017年6月以来2年8カ月ぶりの大きさだった。新商品のごはんバーガーシリーズ、期間限定商品などが好調だった。うるう年で営業日が前年より1日多かったことも寄与した。

2月5日からスタートした「ごはんてりやき」や「ごはんベーコンレタス」などの売れ行きが良好だった。「ビッグマック」の期間限定商品として投入した「ビッグマックジュニア」や「ギガビッグマック」も好調だった。既存店の客数は9.2%増、客単価は5.1%上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン