/

KDDI社長、官房長官の携帯値下げ余地発言「真摯に受け止め」

KDDI(9433)の高橋誠社長は5日、都内で開いた新たなビジネス開発拠点の開設イベントで、菅義偉官房長官が携帯電話料金について「今より4割程度下げる余地がある」と発言したことに対し、「(携帯の料金やサービスに対する)世の中の要望を語ったと思っている。発言については真摯に受け止めていく」と述べた。

そのうえで「単純な料金や単純なサービスでなく、新しいクリエイティビティ(創造性)が重要で、顧客目線で何ができるかを真剣に考えていかなければならない」と語った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン