/

コカBJH、約900人の早期退職実施へ 76億円費用計上へ

コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(2579)は5日、900人程度の早期退職を実施すると発表した。

対象は、同社グループ会社に在籍し勤続1年以上の正社員のうち、組織変更などで異動となる社員で、退職日は2020年12月末日まで。通常の退職金に加えて特別退職加算金を支給し、再就職支援会社を通じて再就職を支援する。

20年1~9月期の連結決算(国際会計基準)で、その他の費用に特別退職加算金および再就職支援費用として76億円を計上する。

同時に、未定としていた20年12月期(今期)の連結最終損益(国際会計基準)が70億円の赤字(前期は579億円の赤字)になりそうだと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で、販売が落ち込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン