/

この記事は会員限定です

「ワクチンリーグ」 株価上昇はアンジェスが1番、開発速度は海外勢優位

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ株式相場は、経済活動の再開への期待感から戻りが続いている。それでも「第2波」「第3波」への懸念はなお強く、本格的に経済が好転するにはワクチンの登場が不可欠とも言われる。世界中の医薬関連企業がこぞって名のりを上げ、熱を帯びてきたワクチン開発競争。その行方はいかに。

モデルナ熱に浮かされた株高

「限られたサンプルでの治験とはいえ、第1相(フェーズ1)の結果は楽観的に見られる」「実現可能性は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2032文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン