/

日銀総裁、国内景気「改善基調をたどる」

日銀の黒田東彦総裁は5日、全国証券大会であいさつした。国内経済の先行きについて、個人消費や輸出・生産の持ち直しを背景に「新型コロナウイルスの影響が和らいでいくもとで、改善基調をたどる」との見方を改めて示した。原油安の影響の低減や景気の改善などから物価への下押し圧力は次第に減っていくとして「消費者物価の前年比はプラスに転じ、徐々に上昇率を高めていく」と見通した。

ただ、新型コロナの広がりが内外経済に与える影響などを踏まえ「経済・物価の先行きはきわめて不確実性が高く、下振れリスクのほうが大きい」とも指摘した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン