景気一致指数、12月は2カ月連続低下 判断「足踏み」で据え置き

2016/2/5 14:41
保存
共有
印刷
その他

内閣府が5日発表した2015年12月の景気動向指数(2010年=100、速報値)によると、景気の現状を示す一致指数は111.2で前月から0.7ポイント下がった。中国の景気減速の影響などで生産や消費関連指標が低調。2カ月連続のマイナスとなった。直近数カ月の平均値などから機械的に判断する基調判断は、前月までの「足踏みを示している」に据え置いた。

前月と比較可能な8指標のうち、5つがマイナスに影響した。資本財と建設財がともに低調だった投資財出荷指数(輸送機械除く)のほか、電子部品やデバイス工業が振るわなかった鉱工業用生産財の出荷指数が下振れした。鉱工業生産指数や商業販売額(卸売業・小売業)の悪化も響いた。一方、有効求人倍率(学卒を除く)や中小企業出荷指数(製造業)の改善は一致指数を下支えした。

数カ月先の景気を示す先行指数は1.2ポイント低下の102.0だった。低下は2カ月連続で、13年1月(101.6)以来の低水準。原油安の影響を受けた日経商品指数や東証株価指数の下落などが先行指数の重荷となった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]