/

この記事は会員限定です

<東証>東エレクなど半導体株が逆行安 バリュー株に資金向かう、SMICへの規制も重荷

[有料会員限定]

(13時55分、コード8035)東エレクが反落。前週末比620円(2.2%)安の2万6945円まで下落した。そのほか、スクリン(7735)やディスコ(6146)なども下落し、相場全体が上昇するなかで半導体株の一角が逆行安となっている。2日の米国株式市場で追加経済対策への期待から景気敏感株に資金が向かうなか、高値警戒感が強まった半導体株は売られており、その流れを引き継ぐ形で売りが広がっている。

しんきんアセットマネジメント投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り374文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン