/

この記事は会員限定です

<東証>日本光電が安い 大和が投資判断引き下げ、病院設備投資の凍結受け

[有料会員限定]

(12時30分、コード6849)

【材料】大和証券は4日付のリポートで、日本光電の投資判断について、5段階で最上位の1から2へと引き下げた。新型コロナウイルスの感染拡大で、病院の設備投資が凍結されたり延期されたりしていることを考慮したとしている。ただ、新型コロナの「第2波」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り125文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン