/

この記事は会員限定です

株、米大統領選相場は「先手必勝」通用せず?

[有料会員限定]

5日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発した。日本時間の前週末2日午後に突如伝わった「トランプ米大統領が新型コロナウイルスに感染」の一報は、大統領選直前の10月に情勢を大きく変える「オクトーバー・サプライズ」として市場に受け止められた。ただ、相場の反応としては「売り」一辺倒にはなっておらず、翻弄される投資家も多い。

2日、日本の取引時間中の米ダウ工業株30種平均先物(Eミニ・ダウ工業株30種平...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン