/

この記事は会員限定です

株、パウエルプット再び 2万円割れ回避も視界は不良

[有料会員限定]

5日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発した。前日比392円高の2万0800円と、この日の高値で前場を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が利下げの可能性を示唆したことで4日の米株式相場が急伸。投資家心理が改善し、日経平均も節目の2万円割れをひとまず回避した。だが、米国を発端にした通商摩擦への警戒や世界的な景気減速懸念など視界不良が続き、市場では反発の持続力に懐疑的な声も多い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン