2018年9月26日(水)

9/26 12:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: フジクラ、品質不正発覚でも残る成長期待[有料会員限定]
  3. 3位: 視野に入る年初来高値 円安進む経験則も[有料会員限定]
  4. 4位: セクハラ疑惑判事公聴会、27年前の教訓[有料会員限定]
  5. 5位: 米国株、ダウ続落で69ドル安 FOMC結果控え利益確定、貿易摩擦も重荷

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,948.75 +8.49
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,930 +190

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

世界に財政協調迫る トランプ保護主義の秘めた狙い
日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

2018/3/5 9:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 トランプ米大統領が鉄鋼などへの輸入関税の引き上げを決めたことで、世界の市場は大きく動揺している。投資家は世界同時好況を崩しかねない保護主義の応酬という不協和音を感じ取った。だが、国際関係はけん制と打算の化学反応によって思わぬ方向に転ぶことが多い。

 巨額の減税やインフラ投資による内需拡大は、交易を通じて他国にも恵みをもたらすが、そのツケは自国で賄わなければならない。米国へのただ乗りは許さない――。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム