/

<米国>バイオジェン44%高、FDAがアルツハイマー薬を高評価

【NQNニューヨーク=戸部実華】(コード@BIIB/U)4日の米株式市場でバイオ製薬大手のバイオジェンが急騰し、前日比44.0%高の355.63ドルで通常取引を終えた。エーザイ(4523)と共同開発しているアルツハイマー型認知症治療薬「アデュカヌマブ」について、米食品医薬品局(FDA)が「(臨床試験は)有効性を示す十分な証拠を提供した」との見解を示し、順調に承認されるとの観測が強まった。

FDAは6日に専門家の意見を収集するために会議を開く。4日に公表した同会議の資料で、FDAは試験結果について「非常に説得力がある」との見方を示し、安全性や有効性について好評価を下した。承認されれば、アルツハイマー病の進行を遅らせる初めての薬となる。

バイオジェンは2019年3月にアデュカヌマブの試験中止を発表した経緯がある。その後、同年10月に一転してFDAに承認申請する計画を発表し、今年7月に申請手続きを完了したと公表していた。グッゲンハイム証券は承認されれば「ピーク時の売上高は50億~100億ドルとなる余地がある」との試算を示した。

米国の相対取引市場(ピンクシート)で4日、エーザイの米預託証券(ADR)は前日比44.4%高で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン