/

この記事は会員限定です

<東証>レノバが後場急落 大統領選でトランプ氏優勢報道、環境関連銘柄に売り

[有料会員限定]

(14時30分、コード9519)太陽光発電などの再生可能エネルギー発電施設を開発するレノバが後場に急落している。一時、前営業日比118円(6.9%)安の1580円まで下落した。4日の米大統領選の開票報道で現職のトランプ大統領が優勢と伝わり「環境政策を掲げるバイデン前副大統領が圧勝するとの当初の見方が徐々に後退しており、関連銘柄の短期的な値上がりを見込んでいた投資家から売りが出て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン