フューチャー、ベイカレントを提訴 「営業秘密を不正取得」

2017/8/4 16:48
保存
共有
印刷
その他

自社の営業秘密を不正に取得したとして、フューチャー(東証1部、4722)と同社子会社は4日、元従業員(5月に解雇)とベイカレント・コンサルティング(マザーズ、6532)に対し損害賠償を求める民事訴訟を東京地方裁判所に起こしたと発表した。

訴訟を提起したのは3日。フューチャーによると、ベイカレントは2016年7月、フューチャーとの雇用状態が続いている元従業員と雇用契約を締結。元従業員はフューチャーの営業秘密を不正に取得したことが判明したという。損害賠償の内容については開示していない。

フューチャーは「不正競争行為に対しては断固たる措置を講じていく」とのコメントを発表した。ベイカレントは取材に対し「担当者がいない」としている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]