/

この記事は会員限定です

株、JAL高が映す好転ムード 感染拡大でも景気回復を先取り

[有料会員限定]

4日午前の日経平均株価は続伸し、前引けは前日比310円高の2万2505円だった。前週末比の上昇幅は800円近くに達するなど、調整色を強めた7月下旬とは打って変わり市場の雰囲気は好転しているようにみえる。投資家心理が改善している様は2020年4~6月期が大幅な最終赤字だった日本航空株の上昇からも読み取れる。

日経平均の日足チャートをみると前日から「窓」を開けて始まった後も上昇が続き、前場終値が始値...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り993文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン