/

ハウス、子会社のフジタと大和小田急建設を経営統合

大和ハウス工業(1925)は4日、完全子会社のフジタと大和小田急建設を経営統合すると発表した。フジタに大和小田急建設を吸収合併する形で10月1日付で実施する。両社はともに建設業を手掛けており、合併により経営資源を集中し、事業の効率化を図る。

大和小田急建設は7月29日付で上場廃止となり、1日付で大和ハウス工業の完全子会社となっていた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン