/

郵政3社大引け かんぽ生命がストップ高、日本郵政は一段高

きょう4日に東証1部に同時上場した日本郵政グループ3社の株価はいずれも売り出し(公開価格)を大幅に上回って推移した。かんぽ生命は14時すぎに買いが集中し、値幅制限の上限(ストップ高)水準で買い気配となった。取引終盤には、親会社の日本郵政にも買いが広がった。合計の売買代金も東証1部全体の約18%に膨らんだ。

日本郵政グループ3社の初値(左上)と各社の終値を示す電光掲示板(4日午後、東京都中央区)

日本郵政は公開価格(1400円)を360円(25.7%)上回る1760円で終えた。買い気配で始まり、9時33分に公開価格(1400円)を231円(16.5%)上回る1631円で寄り付いた後、前場に一時1665円まで上昇し、取引終盤には一段高した。

かんぽ生命保険はストップ高の3430円。公開価格(2200円)を1230円(55.9%)上回る水準で取引を終えた。大引けで34万7300株の売買が成立。ストップ高水準で203万6700株(成り行き166万1000株、指し値37万5700株)の買い注文を残した。後場は前場高値の3350円以下でしばらく推移したが、14時すぎに買いが集中した。

ゆうちょ銀行は9時33分に公開価格(1450円)を230円(15.9%)上回る1680円で寄り付いた後、やや上値が重い展開だった。大引けは1671円で、公開価格を221円(15.2%)上回って取引を終えた。

郵政3社の新規上場により、東証1部の売買代金も膨らんだ。3社の売買代金は大引け時点の合計で約6203億円だった。東証1部全体の売買代金は概算で3兆3892億円で、郵政3社の取引が約18%を占めている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン