7月の資金供給量、前年比9.8%増 コロナ対応で伸び率拡大

2020/8/4 9:29
保存
共有
印刷
その他

日銀が4日発表した7月の資金供給量(マネタリーベース、平均残高)は前年同月比9.8%増の566兆7600億円だった。伸び率は6月(6.0%)から拡大し、2017年12月以来の大きさだった。新型コロナウイルスに対応した日銀による資金供給策や国庫短期証券の買い入れで日銀当座預金が増加しており、資金供給量が一段と拡大した。

7月の平均残高の内訳は日銀の当座預金が同11.0%増の448兆1294億円、紙…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]