/

トヨタ、初の外国人副社長にルロワ専務役員 人事を発表

トヨタ自動車(7203)は4日、ディディエ・ルロワ専務役員(57)を副社長に昇格させる人事を発表した。6月に予定する株主総会での承認を経て正式決定する。トヨタの副社長以上に外国人が就くのは初めて。副社長の役割については4月以降、従来の担当組織の業務執行統括から、中長期の視点で経営の意思決定などを担う体制に変える方針も示した。

併せて、トヨタ・モーター・ノース・アメリカのグループ・ヴァイスプレジデントを務めるジュリー・ハンプ氏(55)を初の女性役員に登用する人事を公表した。4月1日付で新たに常務役員となる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン