/

この記事は会員限定です

上海株大引け 3日続落、消費関連に利益確定売り 半導体は高い

[有料会員限定]

【NQN香港=林千夏】4日の中国・上海株式相場は3日続落した。上海総合指数の終値は前日比29.6140ポイント(0.87%)安の3355.3666となった。前日の米株急落を受けて投資家の高値警戒感が強まり、これまで相場上昇をけん引していた酒造などの消費関連株を中心に利益を確定する目的の売りが広がった。

白酒の貴州茅台酒や四川水井坊、青島ビールが下落した。調味料の佛山市海天調味食品、乳製品の内蒙古伊利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り402文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン