/

日本郵政社長、上場後初の株主総会「さいたまスーパーアリーナで」

日本郵政グループ3社は4日、東京証券取引所への上場を受けて記者会見した。日本郵政(6178)の西室泰三社長は多数の投資家を抱えることになったことについて問われ「カバーできるように方策を作っていかないといけない」と答えた。上場後初めての株主総会については「さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で実施することで内定を得ている」と話した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン