2018年7月19日(木)

7/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 本田圭佑氏「金融の慣習にとらわれないファンドに」[有料会員限定]
  2. 2位: 割安電機株に上昇サイン 景況改善や稼ぐ力に着目[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 4日続伸 円安好感、利益確定売りで伸び悩む
  4. 4位: 円独歩安113円台 関心は再び金利差に[有料会員限定]
  5. 5位: サッカーの本田選手がVBファンド設立、米俳優W・スミス氏と110億円規模[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,794.19 +96.83
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,800 +80

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

株26年ぶり高値 市場関係者に見通しを聞く

2018/1/4 17:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2018年最初の取引となった4日の東京株式市場で日経平均株価は急反発し、前営業日比741円高の2万3506円と約26年ぶりの高値で終えた。米国や中国をはじめとした世界経済の成長継続期待から、主力ハイテク株のほか石油や海運、銀行といった景気動向に敏感な銘柄が全面高となった。新年入りに伴う投資資金流入も急騰の一因とみられる。上昇の勢いは続くのか、上値めどや今後の展開について市場関係者に聞いた。

「2万

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

新着記事一覧

読まれたコラム