2018年9月19日(水)

9/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  3. 3位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  4. 4位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  5. 5位: 地銀経営は360度で点検 金融庁長官、スルガ銀問題受け[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

アジア株概況

上海株大引け 反落、2年4カ月ぶり安値 通貨下げ渋るも心理改善せず

2018/7/4 17:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=林千夏】4日の中国・上海株式相場は反落した。上海総合指数の終値は前日比27.7618ポイント(0.99%)安の2759.1260と、2016年3月1日以来およそ2年4カ月ぶりの安値となった。米国と中国が6日に互いの製品に追加関税を発動するとみられ、米中貿易摩擦による中国景気の停滞などを懸念する売りが優勢だった。人民元の下げ渋りは朝方に一時的な買い材料となったが、投資家の心理改善にはつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム