/

この記事は会員限定です

株、途切れぬ海外マネーが支え 今年はクリスマス休暇も「おうち投資」

[有料会員限定]

4日午前の東京株式市場で日経平均株価は前日比118円安の2万6690円で終えた。ここまでの上昇のよりどころの1つだった新型コロナウイルスのワクチンについて、計画通りの供給が難しいのではないかと一部で伝わった。ただ大きく下げる様子はなく、むしろ下げ渋る場面が目立った。根強い先高観からクリスマス休暇も淡々と日本株を買い続ける海外勢の存在が、底堅さの一因になっているようだ。

東京証券取引所が発表している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り856文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン