麻生財務相、日経平均急落「気分的な影響大きい」

2019/1/4 14:32
保存
共有
印刷
その他

麻生太郎財務相は4日、証券業界7団体が都内で開いた新年名刺交換会であいさつし、2019年最初の取引で日経平均株価が急落したことについて「株価は気分的な影響が極めて大きい」と述べた。そのうえで「アップルや商いが薄かったからだなど、株価が下がっている理屈はいろいろつけられるが、企業(業績)の実体は極めて好調だ」と強調した。日本経済については「全てのファンダメンタルズ(基礎的条件)はほぼ過去最高のようなところにきている。この状況を維持していくことが我々の責務だ」と話した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]