/

この記事は会員限定です

「米国債保有減も」中国メディア報道 市場の火種に

[有料会員限定]

米中対立への懸念が強まるなかで、中国メディアの論評が金融市場で波紋を呼んでいる。中国共産党系メディアの環球時報は3日、「中国は米国債の保有額を徐々に減らすかもしれない」との専門家の見方を掲載した。中国の米国債保有額は日本に次ぐ規模。買うペースを緩めるだけでも、米国の長期金利に及ぼす影響は大きい。対立が新たな次元に発展しかねない点も含め、市場の火種として意識されている。

環球時報は「中国は米国債の保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン