/

この記事は会員限定です

新興国ラオスなど苦境 支える中国の外貨準備に影響?

NQNシンガポール 編集委員 今晶

[有料会員限定]

新興国内で経済基盤が脆弱な国と相対的に強い国との差が広がっている。トルコでは通貨安になかなか歯止めがかからず、対米ドル相場は3日にまた過去最安値を更新した。アジアではラオスやパキスタン、バングラデシュの苦境が伝わる。ラオスやパキスタンは中国とのつながりも深く、市場では中国の外貨準備との関係性が意識され始めた。

東南アジアの「最貧国」と目されるラオスを巡って8月以降、財政危機を懸念させるニュースが相次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り593文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン