/

林経産相、鴻海のシャープ買収「成長につながるよう期待」 参院予算委

林幹雄経済産業相は4日午前の参院予算委員会で、シャープ(6753)が台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業による買収提案の受け入れを決定したことを巡り「資金の出し手が外資かどうかということではなく最先端の研究開発が行われてイノベーションが生まれることが重要だ」との認識を示した。また「液晶事業を含むシャープの成長ひいては我が国経済の活性化につながるよう期待している」と述べた。

官民ファンドの産業革新機構がシャープの液晶事業とジャパンディスプレイ(6740)の統合を企図していたと「承知している」とした上で、Jディスプレの今後については「経営陣が判断すること」だと述べた。一方で、Jディスプレに対しては支援を行ってきた経緯があることから「必要があれば様々な政策手段を動員させていきたいと考えている」と話した。

民主党の大久保勉氏への答弁。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン