/

この記事は会員限定です

<マザーズ>フロンテオがストップ高 認知症診断支援AIで共和薬品と提携

[有料会員限定]

(10時20分、コード2158)AI(人工知能)によるデータ解析を手掛けるフロンテオが大幅に反発している。制限値幅の上限(ストップ高)となる前日比150円(18.5%)高い960円まで上昇し、同水準で買い気配となっている。3日、共和薬品工業(大阪市北区)と認知症診断支援AIシステムの開発、販売に関する事業提携契約を結んだと発表した。個人投資家を中心に、将来的な業績拡大を見込む買いが入っている。

同社は4月にA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り243文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン