時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,369,775億円
  • 東証2部 55,936億円
  • ジャスダック 75,373億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.01倍 --
株価収益率12.77倍13.96倍
株式益回り7.82%7.16%
配当利回り2.35% 2.35%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 18,917.01 -167.96
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
18,710 -90

[PR]

国内株概況

FRB緊急利下げ後の米株安響く 円高も重荷 (先読み株式相場)

2020/3/4 7:02 (2020/3/4 7:40更新)
保存
共有
印刷
その他

4日の東京株式市場で日経平均株価は続落か。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米連邦準備理事会(FRB)は緊急利下げを発表したが、前日の米株式相場は大幅に反落した。投資家はリスク回避姿勢を強めており、円高が急速に進んでいることも相まって東京市場でも売り優勢の展開になりそうだ。市場では前日終値の2万1082円を大きく下回り、2万0700円が下値メドになるとの声があった。

3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に反落し、前日比785ドル安の2万5917ドルで終えた。下げ幅は一時1000ドルに迫った。FRBが緊急利下げを発表したが、前日に急騰した後だけに材料出尽くしの売りが強まった。米国でも新型コロナウイルスの感染者数が増え、景気懸念の高まりも響いた。米債券市場では長期金利の指標である10年物国債利回りが心理的な節目である1%を初めて下回り、投資家のリスク回避姿勢が強まっている。

FRBの緊急利下げをめぐってその効果には懐疑的な見方が多い。「先行きの利下げ余地は乏しいうえ、金融緩和が企業の信用リスクの軽減につながっても、新型コロナの感染拡大で低迷する需要を押し上げる効果は小さい」(JPモルガン・アセット・マネジメントの前川将吾グローバル・マーケット・ストラテジスト)ためだ。中長期志向の機関投資家を中心に日本株の先行きに慎重な見方は多い。

4日早朝の大阪取引所の夜間取引で日経平均先物3月物は2万1040円と、前日の清算値(2万0980円)を60円上回った。外国為替市場で円相場は1ドル=107円台前半と前日17時時点から円高・ドル安に振れている。

米国では3日、大統領選の予備選・党員集会が集中する「スーパーチューズデー」を迎え、大統領選は序盤のヤマ場を迎えた。首位を走る左派サンダース上院議員の対抗馬をめざす穏健派は、バイデン前副大統領とブルームバーグ前ニューヨーク市長の2人に事実上絞られる。金融・資本市場に批判的なサンダース氏が勢いづけば、投資家はいっそうリスク回避姿勢を強める可能性が高く、日本株にとっても重荷になるとの見方は多い。今後の動向次第で日経平均の値動きを大きく左右しそうだ。

国内ではKids Smile Holdings(7084)が東証マザーズ市場に新規上場する。

海外では、東京市場の取引時間中に2月の財新中国非製造業購買担当者景気指数(PMI)が公表される。2月のオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)全米雇用リポートのほか、2月の米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数、米地区連銀経済報告(ベージュブック)も発表になる。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム